ニュース

表題:タカダイオン電子治療器の解説

2016年12月22日 07:37
   投稿:2016年12月28日  第33回 環境国際総合機構 シンポジウム 基調講演 「次世代の医療における変革」より タカダイオンに関する内容を抜粋   「いま、少子高齢社会における医療は行き詰まりを見せており、制度と、治療の両面から、変革が求められています。今日はちょっと難しい題材ですが、皆さんにわたくしの思いを聞いていただきたいと思います。」(坂口 力)  第33回 環境国際総合機構 シンポジウムのプログラムから、坂口 力 環境国際総合機構名誉顧問による基調講演「次世代の医療における変革」の模様をお届けします。 坂口...
続きを読む

インフルエンザ特集 2015/2016 インフルエンザの特徴と予防

2016年02月13日 21:41
季節性インフルエンザとは 通常の季節性インフルエンザは、北半球では毎年冬季に流行します。日本では例年12~1月に集団発生が始まりますが、2015年は大幅に早い9月からインフルエンザによる学級閉鎖が報告されていて、流行期が長くなるとも言われています。 風邪とインフルエンザに共通の症状は、咳と喉の痛み、そして発熱です。インフルエンザ特有の症状は、発熱するとすぐに38℃を超える体温の上昇と、 頭痛、吐き気、関節痛、筋肉痛など全身の症状が現れることです。朝から38℃以上の発熱があった場合はインフルエンザの疑いが強いので、早目に医療機関へ...
続きを読む

【書籍の紹介】 マイナスイオン健康法 -安心・安全な自然療法で健康に導く-

2014年05月20日 20:11
マイナスイオン健康法(60兆個の細胞改善)=タカダ電子健康法  安心・安全な自然療法で健康に導く  血液改善と細胞活性  辛い病気や慢性の不具合は、細胞の弱体化と免疫力の低下が原因です!  マイナスイオンが活性酸素を無害化し細胞に活力を与え免疫力をアップします。...
続きを読む

「人体 ミクロの大冒険 第3回 あなたを守る! 細胞が老いと戦う」/NHK スペシャル/2014.04.06 - 21:00~21:49

2014年04月20日 22:46
私たちの始まりはたった一個の細胞・卵子。 その卵子が60兆の細胞となり変化を続けていくのが私たちの一生です。 学び、成長するとき。 私たちの内側では細胞たちが変化して学習や経験を記憶していきます。 やがて成熟していく心と体。 愛し、慈しむ感情も細胞から湧き出していることが分かってきました。 60兆の細胞が織り成す私たちの体の不思議を旅してきたシリーズ「人体ミクロの大冒険」。 きょうのテーマはいよいよ細胞の終わり「老いと死」です。 これまで、老いとは歳月とともに全身が漫然と衰えていくことだと考えられてきました。 ところが、最新研究によって “体の衰えの根底にはたった一種類の細胞がある”...
続きを読む

eショップを始めました!

2013年12月24日 23:40
新規eショップを開設しました! 理研メディカルは、医療器開発・臨床・製造・販売・治療院フランチャイズ展開など、皆様の健康維持に欠かせないより良い情報の提供とサービスの向上をご利用者様の視点から考えていくことを最重視しております。 イチオシ商品は、タカダイオン電子治療器で、生産が追いつかないと言われています。 当社は、お客様が判断しやすいように製品の情報を多く発信していますので、理研グループ関連を検索ください。 当社でのタカダイオン電子治療器の販売は、患者様が望む患者様イチオシ商品として、皆様にお勧めいたします。  
続きを読む

おすすめ商品

 

 理研メディカルグループ                                    

 

■理研プロジェクト株式会社

                http://www.riken-takadaion.net/

 

 当社のホームページでは、タカダイオン電子治療器に関する情報を項目別に多く掲載しています。ご購入に際し、他の治療器と見比べてご検討されている方は、タカダイオン電子治療器がどのようなものであるか、様々検索されてご検討下さい。

タカダイオン電子治療器は根拠がはっきりしている治療器です。

イオン治療器と思われている方がおられるようですが、タカダイオン電子治療器は、電子負荷器で、電子(e)を生体に負荷して病気を治そうとするものです。

電位治療器は交流式です。基本的に高圧電位治療器は、電界の中に身を置いて電子を体内に取り込もうとするものですが、広藤道男博士の67年に渡る研究の中で、他の治療器による実験も行っており、ほとんどの治療器は電子負荷量が微少であることを明らかにされました。博士は、タカダイオン電子治療器は直流方式であること、電子の負荷量は1秒間に1869億個/cm3であること、電界を作るような方法ではなくて、皮膚から直接電子を取り入れる方法であることなど、タカダイオン電子治療器は、他のどの治療器とも類似する点がないことから、一線を画する治療器であると位置づけました。また、電位治療器と同じ部門に置かれていますが、タカダイオン電子治療器は、その中でも別譜の治療器であることからも、他の治療器とは違うことはお分かりいただけると思います。

 また、タカダイオン電子治療器の臨床・治験・症例は多くの病気に対してその効果がどうであるかを長期に渡り行っており、そのデータが残されていることや大学病院などに12000症例以上の著効なデータがあるということが確かな根拠であり、他の治療器ではこれらの証明がなされていないことを思いますと、一線を画する治療器であるのは明らかです。

人間は約60兆個の細胞から成る、と言われておます。その細胞の一つひとつが細胞として活動するために電子が必要で、この電子が不足してしまうと細胞は正常に働くことができません。これが病気の始まりです。

細胞の1つが癌化すると癌細胞は触れた細胞を次々と酸化させて増殖を繰り返し、細胞死がありません。私たちの身体は、免疫システムにより毎日癌化しそうな細胞を排出することで身を守っています。この免疫に欠かせないのが電子です。

自覚がないから病気じゃない。これは常識ではありません。

人間は痛みが発生すると、その信号を脳がキャッチして痛い部分の広範囲の動きを停止して身を守ります。しかし、痛み神経が存在しない部位での異常はいつまでも気づくことはありません。この見えない部分に起こる病気の代表として挙げるとしたら、高血圧・糖尿病・大腸癌などがわかりやすいかもしれません。これらの早期発見は、検査を行うことがかなり重要です。そして、一つでも異常があると指摘されたら、自覚がないうちに正常に戻すことが重要で、糖尿や大腸がんなどは自覚したときは末期に至っているので、小さな症状のうちに常に退治しうる免疫力を獲得しておくべきです。

 タカダイオン電子治療器は、健康な人が健康を保つためにも大いに役立つ治療器です。

 活性酸素を中和する・消去する。酵素作用を活性化する。細胞を修復する。痛みを鎮静化する、など。

皆さんは、電子の負荷量を表示している治療器をご存知ですか?ご検討の際、それぞれのメーカーに、いったいどれくらいの電子が負荷できるのですか?と尋ねてみてください。また、マイナスイオンを発生すると言われている装置のマイナスイオンが体内に取り込まれる量はどれくらいなのでしょう。

 スキンケアを選ぶとき、見比べるのは効果効能ではなくて、成分をみて検討するといいと言われます。

 同様に、治療器の善し悪しは、治療器の性能ではなくて、作用機序・根拠の違いでお選びください。

昔は今のように病気は多くありませんでした。が、現代は誰でも病気になりうる環境で暮らしています。生活が便利になればなるほど、様々な弊害が起きる可能性があることは、あらゆる面からの情報で皆さん周知のことと存じます。

健康はお金では買えません。健康は生きていく上での基本です。

 


■理研メディカル(治療院) http://www.rikenmedical.com/

■理研整骨院 http://www.riken-seikotuin.com/

 

ショップをご覧いただき、ありがとうございます。

 私たちは、健康をサポートする理研グループとして、皆様により良い医療器をご提案して参ります。

 私たちは、押し入れやタンスの肥やしにさせてしまうような販売ではなく、施術指導中心の安心・安全・安価な医療器をご提案し、お一人おひとりの身体に合った最良のご使用方法の指導や未病治療の治療指導を行って、健康を取り戻していただけるように、適切なサポートを行うことをモットーとしています。

 2003年にマイナスイオンという言葉が流行し、各社メーカーが販売に力を入れていた時代があります。そのため、高性能の医療機器が次々と生産・販売されてきましたが、飽きてしまい部屋の隅に追いやって物置き場にしたり、押し入れなどにしまったままお使いにならなくなったという方が少なくありません。このようなことは、とても残念なことに思います。それゆえに私たちは、お一人おひとりの症状に合わせた治療指導をモットーとし、末永くご愛用いただける医療器だけをご提案いたします。